雲泥の差

情報誌のポスティング(配布)を行っていた時のことです。
とある家の前に来た時、玄関先の庭でご主人がマイカーの洗車をしていらっしゃいました。
「おはようございます。情報誌の〇〇です」
と声をおかけしたところ、そのご主人が洗車の手を休めて、
「これはこれは、有難うございます」
といって、両手を差し出して受け取って下さいました。
一方、ある家で玄関のドアの郵便受けに情報誌を投函したところ、家の中の多分ご主人と思われる人
が早速それを取り出すや否や、
「誰だ、こんなゴミを勝手に家に入れた奴は」
と大声でどなり散らす声が聞こえてきました。

新聞の購読料の集金を行っていた時のことです。
質素な佇まいのとある家では、私を正座して出迎えて下さった老夫婦が畳の上に両手をついて、頭を
畳にこすりつけんばかりにして、
「いつもいつもご苦労様です。ありがとうございます」
と心からの感謝の言葉を下さいました。
一方、ある家では、
「今、お金がない。出直してきてくれ」
とあまりにも冷たい返事でした。

人間模様の一幕を垣間見た瞬間でした。雲泥の差ですね。
自分の身に照らして、大いに反省させられました(T)。

20081120古城公園DSC_3399ca
スポンサーサイト

テーマ : メンタルヘルス    ジャンル : 心と身体
  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


 管理者にだけ表示を許可する
 


« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

マッチャン

Author:マッチャン
僕(T)は蝶好き人、妻(C)は心情豊かな女性。
二人とも熟年。
夫婦二人でこのブログを運用していきます。

最新トラックバック

カテゴリ

輪になって光る星

おすすめ

おすすめ

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR