ハートフルスケッチ

Welcome to my blog

Archive2013年11月 1/1

不幸は幸福への始まり(3)

何にもわからない兄と私は、幼くして両親の離婚という不幸を経験することになりました。しかし、その後に新しい母を迎えて、私たちの家庭は再出発しました。大なり小なりのいざこざや波風は、本当の親子関係においても勿論ありますよね。私の家庭においても同じようにありましたが、新しい母を中心として徐々に幸福な家庭に形作られていきました。世の中で一般に言われるように、兄も中学後半から高校にかけて反抗期に入って行きま...

  •  0
  •  0

不幸は幸福への始まり(2)

子供の頃の私は、自分について色々と考える人でした。もし、隣のAちゃんだったらどんな気持ちで生きているのだろうかとか、アメリカ人やアフリカ人などの外国人の場合はどうなんだろうとか、私はなぜ生まれてきたのだろうか? 生まれたくもなかったのに親は何のために私を生んだのだろうとか思っていました。私は祖父を知りません。私の祖父は早くに亡くなっていて、私は祖父の顔も見たことがありませんでした。ですから、私は祖...

  •  0
  •  0

怒らない、焦らない、諦めない

人間は感情の生き物です。気に入らないことがあると怒りたくなり、なかなか思うようにできないと焦りだし、ちょっと頑張ってできなければ、簡単に諦めてしまいたくなります。でも、果たしてこれで良いのでしょうか。そもそも人は何のために生きているのでしょうか。人は勝手に生きているのではありません。ご先祖様の血を受け継いで生きているのです。世界に一つしかない尊い命、神様によって生かされているのです。そして人は幸せ...

  •  0
  •  0

不幸は幸福への始まり(1)

浜村淳さんはラジオ番組の中でいつも「人それぞれにドラマあり」と語っておられ、視聴者の方々の様々な体験談を心をこめてお話されていました。そして私は、浜村淳さんのそのラジオ番組をいつも涙しながら聞いていました。私にも私なりのドラマがありますので、今回はそれを少しづつ書き綴ってみたいと思います。人は生きていく上において、右に行くか左に行くか選ばなければならない時が何度かあります。しかし、自分が関わってい...

  •  0
  •  0

為に生きる

人はなぜ、何のために生きるのでしょうか。この問いかけに対する答えは人によってさまざまであろうかと思います。いくつかの例をあげてみましょう。 ①お金を貯めて世界一周旅行とか宇宙旅行がしてみたい、 ②趣味の奥義を究めたい、 ③世界の最高峰を踏破したい、 ④新技術を開発して、より住みよい、便利な暮らしができるように貢献したい、 ⑤未開の地などで飢餓や病気に苦しんでいる人たちに援助の手を差し伸べたい、 ⑥新薬を...

  •  0
  •  0