2021/06/15

ヤングケアラー

20040107上市より09a


ヤングケアラー。
これは、一般にはまだなじみの薄い言葉かも知れない。
障害を抱えた肉親やきょうだいを介護するために自己を犠牲にしてまでも一生
懸命に尽くしている小中高生の若者たちのことを指して使われる言葉である。

このような子供たちは、日本ではおおよそ20人に1人の割合で全国に存在す
るといわれている。
北欧では、数十年も前から福祉の対象として手厚く迎い入れられているようで
あるが、日本では彼らに温かい目で接する周囲の心配りや福祉行政の支援が
まだまだ遅れている。
本来ならば遊び盛りのはずが、友達からの誘いも断らねばならず、その都度
断る理由にうそをついたりするうちに仲間はずれにされてしまい、それが不登
校の原因にもなったりしていると思われる。

そのような環境にあって、障害に苦しむ肉親やきょうだいの介護をするのは
人間として当然と思いながら、自分を犠牲にしてまで我慢する忍耐力の強さ。

そればかりか、病気や障害を持つ人に対して深い思いやりのある素晴らしい
人間性を自ら育んでいる子供たちである。

かれらがもっと子供らしい時代を送れるような支援が求められる。
スポンサーサイト



2021/04/02

親のぼやき

1.精神に障がいを持つ当事者のお母さんの話:

   「私の育て方が悪かったのでしょうか。40歳も過ぎているのに働くことも
  せず、たまに口を開けば文句ばっかり。病気のせいとはわかっていても
  腹が立ってしまう。」

   家族は、そのかかわりの中で時に苦しみ、時として自らに対して否定的
  になったりもします。

   幻聴、妄想との共同生活。当事者である息子も辛いが、それを聞かされ
  る親である自分 も辛いのです。

2.精神科医に一言:
  1)精神科医:薬はきちんと呑みましたか。
     当事者:時々しか呑めませんでした。
    精神科医:処方どうりに薬が呑めないような患者はうちの病院には
    二度と来るな!!

      とんでもない精神科医ですね!!

  2)処方した薬によって症状はどう変化したかということばかりを気に
    していて、当事者の日常の生活ぶりや困りごと、家庭内での状況な
    どに耳を傾けて共感したり、励ましたり、褒めたり一切しようとし
    ない薬をだすことしかしない能無しの精神科医。

       当事者とのかかわり方について、精神科医ももっともっと勉強
       してもらいたい。

AD
2021/01/10

新年にあたって

DSC_0006a.jpg

明けましておめでとうございます。

新型コロナウイルスのパンデミックの中で波乱の新年の出発となりましたが、
私たちの自助努力と一致団結の力で乗り越えていきたいものです。

本年も宜しくお願いします。
2020/12/18

障害を乗り越えて

20041214田尻池3b

精神に障がいのある若者は、その障害のゆえにさまざまな生活上の困難を抱えていますが、
人生における貴重な青春時代も棒に振ってしまい、
時として自分で自分自身を制御できなくなるような心の苦しみの中でもがきながら
長期にわたって耐え続けていることによって、
人の心の苦しみがわかるようにもなり、
人に優しい心情の側面をも併せ持つ人となり、
家族にとってもかけがえのない存在なのです。
2020/09/29

雨嵐からの回復

D21_4795aea.jpg

 


精神に障がいを持つ当事者と家族にとっては、本人が幻覚や妄想に悩まされている

時ほど辛い、苦しい思いに際悩まされることはありません。

そんなときには、どのようにすれば良いのでしょうか。


人それぞれに工夫した対処の方法があるのかも知れませんが、それでも矢張り、

基本は傾聴と共感 であるといわれています。


幻覚の中の幻聴を例にとって考えてみましょう。

幻聴というのは、本人にはさまざまな幻の音や声が聞こえて、しかもその幻聴の

主というのが一人ではなく、5人とかそれ以上の場合もあるらしく、

それらの幻聴に途方もないことを命令されたり、操られたりということが起きる

ので、本人にとってはとても辛い状況に陥るようです。


このような場合、まず、本人の言っている非現実的な話に対して頭から否定する

のではなく、耳を傾けるようにして聴きながら(傾聴)、本人の辛い辛い気持ちを

理解してあげる(共感)ように努めることが大切です。


その上で、幻聴と戦うというよりも幻聴と「仲良くする」、

あるいは幻聴と「折り合いをつける」ようにするのが良いのです。

 


例えば、「幻聴さん、幻聴さん、あんまり私をいじめないでください」とか、

「これからもお手柔らかに宜しくお願いします」などと幻聴さんにやんわりと

話しかけるようにお願いすると、幻聴も和らいでくるそうです。

幻聴に苦しんでいる方は一度、試してごらんになってはどうでしょう。